ブーツの部位と役割

ブーツの部位と役割をご説明いたします!

ブーツの部位と役割

1. アウター

多くのブーツは二重構造になっており、ブーツの外側の部分をアウターと呼びます。
直接バインディングと触れる部分となります。

2. インナー

二重構造になっているブーツの内側の部分のことです。自分の足に合うかはこのインナーがポイントとなります。
熱成型できる物もあり、このインナーを熱して、足の形にあわせます。

3. タン

足のスネ部分にあたるパーツのことです。
クッションが入っているものもあり、つま先側に体重をかけるときに当たる部分です。

4. ソール

ブーツの底側の地面と接する部分のことです。
形状によってグリップ力も違い、雪の上でも滑りにくい素材を使用しています。

5. シューレース

シューレースタイプのブーツについている紐のことです。
スニーカーのように紐を締めてブーツを足に固定します。

6. BOAダイヤル

BOA社の製品の名称です。
ワイヤーを巻き取って、簡単にブーツを履くことができるようになった画期的なシステムです。

7. スピードパワーレース

サロモン独自の名称です。
引っ張るだけでアウターを締め上げれるシステムです。他のメーカーでも似たような簡単に締め上げれるモデルも出ています。

ブーツに関して

JSBC SNOWTOWN > カスタマーサービス > HOW TO > ブーツの部位と役割
  • セール案内お申込み
  • SNOWTOWN取扱中リフト券
  • 関西発着 近郊スキー場 日帰りバスツアー
  • POP UPブース 気になるブランドが期間限定出展
  • 各ギアのメンテナンスお任せください!
  • SNOWTOWN公式通販サイト