チェーンの装着方法

チェーンの装着方法をご紹介します!

チェーンをご購入の際には、雪道で初めてチェーンを装着するのではなく、事前にご自宅など、雪の無いところで練習しておきましょう。
説明書を見なくても装着できるようにしておかないと、高速道路の脇や、猛吹雪の中で手際よく作業することができません。
チェーンは商品やタイプによって取り付け方が異なります。
お求めの際はお気軽にオートバックス等のカー用品店にお尋ねください。

1. チェーンの用意

フード

タイヤのサイズに合ったチェーンを探して、用意してください。
タイヤの種類によってはチェーンが合わない場合もございます。

2. チェーンをタイヤの背面に回す

フード

チェーンをタイヤの背面に回します。
コンクリートの上でやるとすぐにまわせますが、実際に夜の路上でやるとなかなかまわせません。

3. チェーンをタイヤ上部に持ってくる

フード

チェーンの両端を持ち、タイヤの上部まで引き上げてください。

4. 金具を接続する

フード

チェーンの両端にあるワイヤーをタイヤの背面で接続します。
チェーンによって接続の仕方が異なるので、しっかり確認しておきましょう。

5. 前側を引き寄せる

フード

先ほどの工程でチェーンの後側は終了です。
次に前側の工程を行っていきます。
まずは、後側に入り込んでいる前側のチェーンを手前に引き寄せて緑色のパーツをタイヤの中心に合わせます。
(緑色のパーツはメーカーや、チェーンの種類によって異なります。)

6. チェーンに引っ掛ける

フード

次に先ほどの緑色のパーツを前川に持ってきたチェーンに引っ掛けてください。

7. 下に来る部分をつなぐ

フード

次に、表側の、下側の部分にくるチェーンをしっかりとつないであげましょう。
赤色の金具に黄色のチェーンを通します。
(黄色のチェーンや、赤色の金具はメーカーや、チェーンの種類によって異なります。)

8. 黄色のチェーンを引っ張る

フード

黄色のチェーンを手前に引っ張ってしっかりとチェーンをタイヤに装着してください。

9. しっかりと引っ張る

フード

黄色のチェーンの張りが、チェーンの装着のポイントとなります。
しっかりと体重をかけて思いっきり引っ張ってください。
ここでしっかりと張っておかないと、チェーンが切れて外れたり、走っている途中に解けたりする原因になります。
走行中に外れると、車も傷ついてしまいますので、しっかりと引っ張ることを忘れないでください。

10. フックに引っ掛ける

フード

黄色のチェーンのテンションを保ったまま、チェーンについているフックに黄色のチェーンを引っ掛けていきます。

11. 黄色のチェーンをロック

フード

黄色のチェーンのテンションを張ったままフックにひっかけたら、次は、しっかりと、チェーンの先端を赤い金具とは逆サイドのチェーンに引っ掛けてください。
ここにひっかけて、チェーンを固定します。

12. 完成

フード

これで、1本完成です。
さて、次は逆サイド。
ここまでの工程を1本30秒程度でできるように練習しておけば、雪道での装着も安心です。
チェーンが必要となる状況は過酷な状況ですので、ちゃんと、事前に練習は怠らないようにしましょう。
あと、一緒に軍手や、防寒具も忘れずに積んでおきましょう。

その他

JSBC SNOWTOWN > カスタマーサービス > HOW TO > チェーンの装着方法
  • セール案内お申込み
  • SNOWTOWN取扱中リフト券
  • 関西発着 近郊スキー場 日帰りバスツアー
  • POP UPブース 気になるブランドが期間限定出展
  • 各ギアのメンテナンスお任せください!
  • SNOWTOWN公式通販サイト