スケートボード

【エリアマップ】スケートボードコーナー

スケートボードの専門コーナーが誕生!

JSBC SNOWTOWN内にスケートボードの専門コーナーが誕生しました!
これから初められる初心者の方からゴリゴリのスケーターまで納得の商品展開でお待ちしております。
専門知識豊富なスタッフも常駐しておりますので、お気軽にお声かけ下さい。

下記に各パーツの説明と選び方をご紹介しますので参考にしてみてください♪
ジュニアスケートボード無料体験会

デッキ

デッキ
まずデッキ選びですが、スケートボードメーカーごとに形に特徴のあるものや、デッキサイズなど種類が沢山ありますので初心者の方は迷われると思います。

初めは気に入ったデザインや形状、メーカーで選んでください。

ある程度基本的なサイズもありますので、サイズを決めてから、デザインや形状を決めていただくほうが決めやすいです。

参考デッキサイズ

キッズ

キッズは身長でサイズを選んで頂くほうが決めやすいです。
身長が約150㎝位までのお子様は、7.4インチ前後までのサイズでお選びください。

男性の方

7.6インチ~8.1インチでお選びください。
最近の主流の売れ筋サイズは、7.75~8.0インチが良く選ばれております。

女性の方

7.5インチ~7.9インチでお選びください。
良く選ばれるサイズは、7.6インチ~7.75インチが良く選ばれております。

TRACK(トラック)

TRACK(トラック)
各ブランドにそれぞれ特徴やサイズ、高さ、重さのバリエーションがあります。
高さは「LO」と「HI」があります。

LO:重心が低いので路面が近く安定感があります。
HI:高さがありサイズのあるウィールでのターン時にバイトしにくくなります。

各メーカーでサイズの表記方法もわかります。
人気メーカー
  • VENTURE(ヴェンチャー)
  • INDEPENDENT(インディペンデント)
  • THUNDER(サンダー)

メーカー別表記方法

VENTURE(ヴェンチャー)

適応サイズ表

サイズ表記 適応デッキサイズ(インチ)
SIZE/5.0 7.5 ~ 7.9
SIZE/5.2 7.9 ~ 8.1
SIZE/5.6 8.1 ~ 8.3
SIZE/5.8 8.4 ~ 8.6
SIZE/6.1 8.62 ~

INDEPENDENT(インディペンデント)

適応サイズ表

サイズ表記 適応デッキサイズ(インチ)
SIZE/129 7.5 ~ 7.9
SIZE/139 7.9 ~ 8.2
SIZE/144 8.25
SIZE/149 8.25 ~ 8.5
SIZE/159 8.5 ~ 8.75
SIZE/169 8.8 ~ 9.125
SIZE/215 1.0 ~

THUNDER(サンダー)

適応サイズ表

サイズ表記 適応デッキサイズ(インチ)
SIZE/143 ~ 7.4
SIZE/145 7.4 ~ 7.9
SIZE/147 7.9 ~ 8.12
SIZE/148 8.12 ~ 8.38
SIZE/149 8.38 ~ 8.62
SIZE/151 8.62 ~ 8.85
SIZE/161 8.9 ~

ウィール

ウィール
ウィールは、使用する状況やトリックにより様々なタイプがあります。
主に用途に応じたサイズ・硬度があります。

【サイズ】
ストリート系:51mm~54mm
パーク系:54mm~58mm

【硬度】
路面状況によりマッチする硬度にもタイプがあります。
主に99a、101aのハードウィールが良く選ばれています。
99a:様々な路面状況で使用される場合に選ばれる方が多いです。
101a:パークや路面の綺麗なところで使用される場合に良く好まれています。

荒い路面には、用途に応じて80a前後のソフトウィールが向いてます。
素材が柔らかいので荒い路面でも衝撃を吸収してスムーズに回り、横滑りもしにくいです。
初心者の方でお悩みの際は、52mm前後のサイズで主に滑走する路面状況で硬さを決めていただけば使いやすいです。
人気メーカー
  • SPITFIRE(スピットファイヤー)

ベアリング

ベアリング
ベアリングは、トラックとウィールの間にありウィールが回るのに大変重要なパーツになります。
ベアリングも使用により様々なタイプがあります。

【タイプ別の特徴】
グリスタイプ:粘度が高いので使い始めは抵抗が大きく回転が悪く感じますが、ホコリ等が入りにくい為メンテナンスフリーでお使いいただけます。
オイルタイプ:粘度が低いので使い始めから最大限の回転性を発揮します。粘度が低いため、オイルの補充やホコリ等の掃除のこまめなメンテナンスが必要になります。

メーカーにもよりますが回転性能が分かりやすいABEC規格表示があるものがあります。
【ABECの特徴】
ABEC3、ABEC5、ABEC7
3~7で数字が大きいほど回転が良くなります。
初心者の方やトリックの練習などクイックな動きが不要な方は、ABEC3、ABEC5をお選びください。
ウィールの回りが良いものを好まれる場合は、ABEC7以上をお選びください。
メーカーによりABEC7以上の表記があるタイプや表記が無い商品もございます。

コンプリート

コンプリート
コンプリートとは、上記のスケートボードの選び方で説明している各パーツが初めから組み立てられて完成している状態の商品をコンプリートと言います。

スケートボードのデッキメーカーのコンプリートはスケートボードメーカーが選択したパーツで出来ており、初めての方でも安心して選んでいただけます。

単体での購入で組み立てるより販売価格の安く設定されているので、単体購入でお悩みの場合はコンプリートをお選び頂くと大変お買い得な商品になります。

スケートボード上達への近道!PSJスケートボードアカデミー

AJSA公認プロ、山﨑勇亀監修による、カリキュラムでクラス別(技能別)レッスンは、まったく初めての方からエキスパートまで様々なバリエーションで、どのレベルでもご参加できます!
PSJスケートボードアカデミーはスケートボードをスポーツとして捉え、ルールやモラルの向上を目指し指導しています。

また、国際大会に通用する選手の輩出も視野にいれ、本校では充実したセクションを配置し、当校認定コーチ陣によるスクール生への技術指導、精神面での向上を図っています。
PSJスケートボードアカデミーは、幅広いニーズにあったカリキュラムを実施しています。
無料体験会も行っておりますので、ぜひ一度遊びにきてください!

PSJスケートボードアカデミー

JSBC SNOWTOWN > スケートボード
  • セール案内お申込み
  • SNOWTOWN取扱中リフト券
  • 関西発着 近郊スキー場 日帰りバスツアー
  • 各ギアのメンテナンスお任せください!
  • SNOWTOWN公式通販サイト