ゴーグルの取扱注意点

ゴーグルは繊細なアイテムです

取り扱いには充分注意して取り扱いをしてください。
参考までに、注意点をお伝えしておきます。

ゴーグルはフィット感が大切です!

フード

ゴーグルが濡れたり、ゴーグルの上に雪が積もった場合など、よくスキー場で暖房器具に近づけて乾かしている人を見かけます。
しかし、この行為はゴーグルに対してあまり良い行為ではありません。
フレーム部分のプラスチック系の素材は、熱に弱く、変形してしまうことがよくあります。
一度変形してしまうと、レンズがはまらなくなったり、隙間ができるようになったりまします。

また、熱によってレンズを圧着している接着剤が溶け、水分が入りやすくなります。
レンズが曇る要因を増やさず水分を乾かすようにしましょう。

レンズをこすらない

フード

こちらもよく見かける光景ですが、ゴーグルが濡れた場合レンズをこするのは良くありません。
表面のミラーがはげてしまうこともありますし、内側には曇り止めのコーティングがはがれてしまったり、傷がついてしまったりします。
ゴーグルの中でもレンズはデリケートな部分ですので、濡れてしまった場合は、ゴーグルを振って雪や水分を飛ばし、柔らかい布で軽く水分を吸い取いましょう。

頭の上にのせない

フード

頭の上によくゴーグルをのせている人もスキー場で数多くみます。
頭は運動した後は特に、蒸気と熱の塊です。
ゴーグルを頭の上やおでこにのせておくと、頭の蒸気でゴーグルがすぐに曇ってしまいます。
そのため、極力外してどこかにおいておくか、手に持つようにしましょう。

ゴーグルに関して

JSBC SNOWTOWN > カスタマーサービス > HOW TO > ゴーグルの取扱注意点
  • セール案内お申込み
  • SNOWTOWN取扱中リフト券
  • 関西発着 近郊スキー場 日帰りバスツアー
  • POP UPブース 気になるブランドが期間限定出展
  • 各ギアのメンテナンスお任せください!
  • SNOWTOWN公式通販サイト