ボードの選び方

スノーボードを楽しむためのメインアイテムとなるボードを選ぶ時のポイントをご紹介いたします!

当店でボードを購入する際の参考にしてください。

わからなければ店員さんに相談

スノーボードを選ぶ場合、まずは自分のレベルを思い出してみてください。
初めての方がいきなり上級者モデルを使うとなかなか上手くなりませんし、逆に、上級者の人が初心者用のモデルを使っても自分の思った通りに板がコントロールできません。
これからスノーボードをはじめようとしている人は、きちんと店員さんに相談するのがベストです。
最初は、フリーランがメインとなるので、ディレクショナルボードがオススメです。

気をつけるポイント

自分の身長や、体重に合わせて長さを選ぶ

まず、気をつけないといけないところは、ボードの長さです。
自分の身長や、体重に合わせて長さを選んでください。
適正サイズの選び方は下にまとめておきます。
次に、ボードの硬さ(フレックス)です。
脚力の弱い人に硬いボードはお勧めしませんが、あまり柔らかいボードを選びスギルトボードの反発が通常より早くなってしまったり、フリーランの際に板に安定感が無くなってしまいます。
自分の脚力に合ったボードを選んでください。
また、よく店頭でボードを手で押して硬さを確認している人がいますが、脚力は、腕力の4倍の力があります。
そのため、あまり手で押しても意味がありません。

適正サイズの選び方

適正サイズの選び方

サイズ選びのポイント!
スノーボードを床に立てて、アゴから鼻の高さにくるものが長さ選びの基準になります。
手に取るサイズの目安は自分の身長から15cm~20cm引いたサイズです。
一般的に身長160cmだと、160-(15cm~20cm)=145cm~140cmがスノーボードの表記サイズになります。
初心者の方はアゴ先サイズの短めが使い易いと思いますが、種類により適正サイズが異なる場合もありますので、気軽にお店のスタッフに相談してみてください。

店頭でのサイズ選びの注意点
店頭でサイズを選ぶ時は、ヒールやブーツなど実際の身長に変化が出る履物を履いた状態で図の様に選ぶと実際には適正サイズより長いボードを選んでしまうことがあります。 そのような場合は、ヒールなどの履物は脱いでサイズを選びましょう。

その他、スノーボードのサイズ選びでの注意点

実際にスノーボードを購入する際は、長さ以外にボードのウエスト幅(足のサイズなどにより適正がある)、フレックス(体重により適正がある)などで選び、ブランドや、デザインで選ぶことはおすすめできません。

ボードに関して

JSBC SNOWTOWN > カスタマーサービス > HOW TO > ボードの選び方
  • セール案内お申込み
  • SNOWTOWN取扱中リフト券
  • 関西発着 近郊スキー場 日帰りバスツアー
  • POP UPブース 気になるブランドが期間限定出展
  • 各ギアのメンテナンスお任せください!
  • SNOWTOWN公式通販サイト